キャッシュパスポートの手数料と外貨両替

キャッシュパスポートは、海外専用のトラベルプリペードカードであり、海外留学、海外旅行、海外出張といった短期的な海外での滞在に主に使われるものです。キャッシュパスポートはMasterCardの国際ブランドが使えるお店で利用できるものですが、クレジットカードと異なり、加入のさいに信用審査などはなく年齢制限や銀行口座の保有といった条件がないメリットがあります。

 

キャッシュパスポートではプリペードカードであるため、事前にチャージすることでその残高内で利用することができます。カードのチャージに関しては、日本国内で行う必要がありますが、ネット銀行を利用できる環境であれば海外からでもチャージ手続きをすることができますし、あらかじめ委任状を用意しておけば家族からもチャージしてもらうことができます。

 

一方でキャッシュパスポートでは信用力は必要でない代わりにさまざまな手数料が必要になります。手数料として代表的なのが入金手数料で入金に対して1%が徴収されます。またATM引き出し手数料は各国通貨で支払われますが、日本円でおおむね200円程度必要になります。またま1年間に取引がなかった場合には150円または相当の外貨が月間手数料として引き落とされます。

 

なお、キャッシュパスポートでは設定した通貨で保有されることになりますが日本円で入金されたものは自動的に外貨両替が行われる仕組みです。外貨両替ではレートによって決まりますが、外貨両替のレートはMasterCardの当日標準決済レートか政府指定のレートが適用され、また手数料として4%が必要になります。
なお、限度額は最大で500万円となっていますが、一度の入金限度額は10万円に制限されています。またATMを利用した場合には1日あたり15万円まで、加盟店の利用では1日あたり85万円までに制限されています。またカードは2枚交付され本カードが紛失してもスペアカードを利用して現金の引き出しが可能です。