海外旅行でのプリペイドカードとクレジットカードの使い分け

海外に出るときは資金は十分に用意しておきたいですが、海外ではあまり多くの現金は持ち歩きたくないと考える人も多いのではないでしょうか。

 

海外に出るときにはクレジットカードはとても役立ってくれます。お買い物や食事代の支払いをカード1枚で行えることはもちろん、キャッシング機能もついていますので、手持ちの現金が足りなくなった場合にもとても便利に利用することができます。

 

クレジットカードは海外旅行や出張のときには欠かせない便利なアイテムですが、プリペイドカードもまた便利となっていますので、うまく使い分けを行いましょう。
プリペイドカードの使い方についても知っておきたいですが、まず使い方についてはクレジットカードと同じように使うことができます。

 

うまく使い分けるためには、その違いについてもよく知っておきたいですが、クレジットカードは入会審査があるのに対し、プリペイドカードは事前入金のチャージ方式となっています。
それゆえにクレジットカードのように入会審査を受ける必要もなく、収入や信用情報にかかわらず誰もが利用することができます。
海外ではすでに広く使われているカードで、今後は日本でもこうしたカードの利用者が増えることが予想されます。

 

あらかじめチャージした金額が上限となりますので、使い過ぎる心配もありません。そして支払いは一括払い、さらにキャッシング機能はついていませんので、キャッシング目的に使うことはできません。

 

使い分けについては、分割で支払いたい場合やキャッシングも利用したいという場合はクレジットカードが良いですし、プリペイドカードはちょっとした支払いに利用したり、未成年の方や高齢者の方用のカードとして利用するのにもおすすめです。
海外では使用頻度も高まることもあり、クレジットカードの場合はつい使いすぎて支払いで悩んでしまうという場合もありますが、使いすぎを避けたいという場合にもこうしたカードを活用すると良いでしょう。